コラム

【用語解説】LGBTQ+のクィアとは?言葉の意味やLGBTQ+についても解説!

記事を読む前に

青で表示されている一部の用語をクリックすると、その用語の解説ページに飛びます!

気になった方はぜひ見てみてくださいね

皆様はクィアという言葉を聞いた事はあるでしょうか。

クィアとはLGBTQ+のQの部分の事を言います。

今回はそんなクィアという言葉の意味を説明していきたいと思います。

クィアとは?

クィアとは全ての性的マイノリティを指す言葉で、Xジェンダーも含まれています。

ちなみに性的マイノリティを表す代表的な言葉にLGBTがあります。

LGBTとは?

性的マイノリティのアルファベット表記(マイノリティとは少数派の事)。

L→レズビアン(女性の同性愛者)

G→ゲイ(男性の同性愛者)

B→バイセクシュアル(両性愛者。同性と異性が恋愛対象)

T→トランスジェンダー(身体的性別性自認が一致しない)

私達が暮らしている社会には上記のLGBTには当てはまらないセクシュアルを持っている方も数多くいます。

そのため、LGBTQ+という言葉もよく使われるようになってきました。

ではLGBTにQと+が付いたLGBTQ+とは一体どういった意味で、クィアとはどう違うのでしょうか。

クィアとLGBTQ+の違いとは?

結論から言うと、クィアとLGBTQ+は同じ意味で、違いはありません。

LGBTQ+とは先程説明したLGBTにQ(クエスチョニングとクィア)と+(読み:プラス 意味多様な性の在り方)を追加した言葉です。

クエスチョニングとは自分のセクシュアリティが分からない人や決めたくないと思っている人、つまりXジェンダーの事です。

+はサピオセクシュアル(相手の知性に性的な魅力を感じる)やノンバイナリー(性自認や性表現が男性もしくは女性に当てはまらないもしくは当てはめたくない)といった多種多様な性の在り方を指しています。

クィアについて理解を深められましたか?

今回はクィアという言葉の意味を解説しました。

クィアとは全ての性的マイノリティを指す言葉の事を言い、性的マイノリティは人の数だけ、存在します。

しかし、自分自身のセクシュアリティが原因で周囲から偏見の目を向けられてしまう事も少なくありません。

私達当事者は世間から偏見の目を向けられないよう、「普通に生きなければならない」という事を他の人以上に強いられています。

周囲に溶けこむためには、「男なら女の人が好き、女なら男の人が好き」という世間一般では当たり前とされている考え方を理解している立ち居振る舞いをしなければならないのです。

ですが、飲み込みたくない考え方を無理やり飲み込むのにも限界があります。

b-LIGHTでの活動がきっかけで各々のセクシュアリティが大雑把に理解されたり、偏見の目を向けられず、尊重される世の中になってほしいと私は願っています。

【最後に】ここまで記事を読んでくださった皆様にお願いがあります

最後まで記事を読んでくださった皆様にここでお願いがあります。

それは皆様に以下の事にチャレンジしていただきたいです。

  • ①この記事を少なくとも、1人以上にシェアする
  • ②クィアとLGBTQ+という2つの言葉を少なくとも1人以上に教えてあげる

全てのセクシュアリティに光が照らされるよう、皆様の力を貸していただければ、幸いです。

参考文献一覧

IDEAS FOR GOOD「クィアとは・意味」https://ideasforgood.jp/glossary/queer/(2024年3月24日 閲覧)

b-LIGHT 「【LGBT】世界一わかりやすいセクシュアリティ講座」https://blight-japan.com/whatisthelgbt/(2024年3月24日 閲覧)