コラム

【LGBTQライター】僕、ホノカがb-LIGHTで記事を書いている理由

こんにちは!b-LIGHTのライター、ホノカです!

今回は改めて、なぜ僕がb-LIGHTで記事を書いているのか、その理由を記事にしました!

  • b-LIGHTで記事を書きたいけれど、理由が浮かばず、悩んでいる人

今回の記事がそんな悩みを抱えている方々の一助になれば、幸いです。

【理由①】b-LIGHTの理念に共感し、力になりたいと思ったから

1つ目の理由はb-LIGHTの理念に共感し、力になりたいと思ったからです。

僕は大学生時代に出会ったある友達との出会いがきっかけで性の多様性に興味を持ち始めました。

あわせて読みたい

私、ホノカがどのようにしてb-LIGHTに出会ったのか、その経緯をまとめた自己紹介記事があります!

そちらもぜひ見てみてください!

https://blight-japan.com/honoka-profile/

友達と接していく中で「誰かの助けになれたらな」という思いがふと芽生えるようになり、そして僕自身も当事者でないかという思いがボンヤリ浮かんだ時、セクシュアル・マイノリティ当事者の方々の力になりたい、コミュニティに属したいと思うようになりました。

そして偶然、検索で見つけたのがb-LIGHTでした。

そんなb-LIGHTの理念である「すべての人の人生・すべての情報に、光を。」は、正にセクシュアル・マイノリティ当事者の方々の力になりたい僕の思いと合致していました。

b-LIGHTの理念と僕自身の思いが合致していたという事もあり、b-LIGHTで記事を書くようになりました。

【理由②】セクシュアル・マイノリティ当事者の方々の悩みに寄り添いたいから

2つ目の理由はセクシュアル・マイノリティ当事者の方々の悩みに寄り添いたいからです。

仮に僕が僕自身のセクシュアリティで悩んでいた時、悩みとの向き合い方が書かれた記事があるだけで安心感を覚えます。

思いは人それぞれですが、各々の悩みをテーマにした記事があれば、当事者の方々の悩みに向き合う事が出来るのではと考え、まずは記事を作る事から始めようと思いました。

そして今、僕自身が「セクシュアル・マイノリティ当事者の方々には偏見が向けられたり、差別を被る」という現状を変える為に一番出来る事が記事の作成だと考えています。

自分で裁判を起こすといった大きな事をするよりもまずは周知活動を進めていく。

‘‘知らない、を知っているに変える‘‘

これが僕、ホノカのb-LIGHTでの役割であり、その役割を果たすために今も記事を執筆しています。

【最後に】b-LIGHTでは僕達ライターの仲間を募集しています

b-LIGHTでは僕達ライターの仲間を随時、募集しています。

  • サイト作りに興味がある人
  • ライターとしてLGBTQに関する記事を書きたい人
  • コミュニティ運営をしたい人
  • b-LIGHTのコンセプトに共感し、非報酬で活動できる人

b-LIGHTではこんな人を募集していますが、少しでも私達の活動に興味を持ってくれたのなら、サイトに連絡していただけると幸いです!

このサイトはどんなサイト?

当サイト「b-LIGHT(ビーライト)」は、すべてのセクシュアリティのためのポータルサイトです!

詳しくはこちら